webライティング

Webライティングのリライトのコツ|注意点やポイントを徹底解説

Webライティングのリライト
webライター
webライター
リライトってどんな風に作業を進めたら良いの?リライト案件で稼ぐこともできる?

この記事では、リライトする時に使えるコツや、リライト案件で稼ぐコツをご紹介します。

Webライターとして稼ぐためには、リライトのスキルも持っておく必要があります。リライトのコツさえ掴んでいれば、高時給で稼ぎやすくなるからです。

この記事の信頼性

私はWebライティングだけでも月に10万~20万円以上は稼いでいます。リライト案件に関しては、時給2,500円以上の高単価で稼いでいた実績もあり、webサイトの運用でリライトをして、順位を上げるSEO対策のスキルも兼ね備えているので、信頼性は担保できると思います。

Webライティングのリライトとは

Webライティングのリライトとは、元の文章をオリジナルの文章に書き換えるもの

re(リ):もう一度

write(ライト):書く

→rewrite(リライト):もう一度書く

発注者から渡された原文をもとに、オリジナルの文章にもう一度仕上げる作業のことをリライトと言います。

リライトの目的・マインドセット

リライトの目的

どうして発注者はリライトを依頼してくるのでしょうか?

その理由は、発注者は狙ったキーワードで上位表示させるためのオリジナル記事が欲しいから。

ただ、自分で記事を書くとなると、時間がかかるため、クラウドソーシングなどを利用して、Webライターに記事を書いてもらうのです。

リライトをする際のマインドセット

リライトをする際は、マインドセットが大切です。

どのようなことに意識をおいて、リライトをすれば良いのかというと、原文よりもユーザーに役立つ文章を書こう!というマインド。

原文は、多くの場合、すでにインターネット上にあがっている競合サイトの記事の可能性が高いです。(もしくは、競合サイトの記事をコピペして、まとめたようなものの場合もあります。)

一般的なライターは、ただ原文の文章をより分かりやすく書き替えるだけで終わることがほとんど。ただ、それではリライトのスキルは上がりませんし、発注者も満足しません。

もちろん、初心者のうちは、原文を分かりやすく書き替えていくことに注力しても悪くありません。

しかし、リライトを通じて、Webライターとしてスキルアップしていくためには、そのようなマインドではいけません。

その文章を読むユーザーが、どのような悩み・問題を抱いていて、どんな解決策を必要としているのか、を考えて、原文よりもユーザーの悩み解消に役立つ文章を書いていくことが大切なのです。

ただ、正直な話、リライト案件は単価が低くなる傾向にあります。あまり時間をかけすぎるとコスパがとてつもなく悪くなるため、自分でどこまで注力して合格点を出すのか、見極める必要もあります。(あまり大きい声じゃ言えないけど)

覚えておきたいリライトのコツ

実際にリライトをしていく際のコツをご紹介していきます。

私が時給2,500円になるように調整してリライト案件を受けていたときの方法を公開します。

リライトの流れ

  1. 渡された文章を読む
  2. 構成を再構成する
  3. 見出しに合った内容になるようにリライトする

この3つの手順で行いました。

一つ一つ解説します。

①渡された文章を読む

リライト案件を受注したら、まずは渡された文章(原文)を読みます。

その内容について、知識を持っているものであれば、流し読み程度で大丈夫。

もしも、あまり知らない分野の文章であれば、知らない単語が何を意味しているのかを調べていきます。

※細かいところまで調べていくと時給が下がるので、その文章を読むうえでキーワードとなりそうなものをピックアップして調べることが大切です。

②構成を再構成する

内容を把握できたら、もう一度、何を伝えるための文章なのかを再定義します。

その文章を通じて、ユーザーに何を伝えたいのか、どのような悩みを解消してあげたいのか、明確にします。

その上で、元の文章の構成を、自分なりに考え直します。

※クライアントに文章の流れを変えないでと言われている場合は、流れはそのままにして、見出しをリライト。

例)「結婚相談所 おすすめ」

原文

1.結婚相談所のおすすめ3選

1-1.A社

1-2.B社

1-3.C社

2.まとめ

構成を再構成したら…?

1.結婚相談所の選び方

1-1.ポイント①~~~

1-2.ポイント②~~~

1-3.ポイント③~~~

2.ここなら安心!結婚相談所のおすすめ3選

2-1.A社

2-2.B社

2-3.C社

3.結婚相談所選びで失敗しないためのポイントをおさらい

今回はそこまで調査していないため、厳密には違う構成にするかもしれません。

しかし、このように、原文の構成を見て、競合サイトも調査してみたときに、ユーザーはこんなコンテンツもあった方が良いんじゃないかな?といったものも追加していくことで、オリジナルの文章を作成することができるようになります。

構成を自分の中で、再構成して、オリジナリティが高く、ユーザーにとって役立つ記事作成を意識していくことが大切です。

③見出しに合った内容になるようにリライトする

構成ができたら、見出しの内容に合った内容になるように、リライトしていきます。

覚えておきたい!リライトのコツ

  • タイトル:クリックしたくなる文章に
  • 見出し:結論・ポイントを一言で
  • 本文:論理構成を変える、言い方を変える

細かい注意点に関しては、次項で解説していきますね。

やってはいけない!リライトの注意点

リライトの注意点は、コピーコンテンツにならないようにすること。

コピーコンテンツとして認識されてしまった時点で、

  • ライティング報酬がもらえない
  • 修正依頼がくる

ことになります。

したがって、必ずコピーコンテンツとして認識されないように注意しましょう。以下のコピペチェックツールを活用してから、納品するのがおすすめです。

コピペチェックツール

CopyContentDetector

こぴらん

コピーコンテンツになるリライト例

コピーコンテンツとして、Googleに認識されてしまうリライトの例をご紹介します。

NGリライト

  • 文章の並べ替え
  • 単語の並べ替え
  • 他社記事のコピペまとめ

これらは、絶対にNGです。

文章の並べ替え

原文

リライトは稼げます。

理由は次の3点です。一つ目は頭を使う必要がないから。二つ目は短時間で納品できるから。三つめは案件数が多いから。

✖(文章を並べ替えただけのリライト)

リライトは稼げます。

理由は次の3点です。一つ目は短時間で納品できるから。二つ目は案件数が多いから。三つめは頭を使う必要がないから。

※下線部が、並べ替えた部分です。

単語の並べ替え

原文

リライトは稼げます。

理由は次の3点です。一つ目は頭を使う必要がないから。二つ目は短時間で納品できるから。三つめは案件数が多いから。

✖(単語を並べ替えただけのリライト)

リライトは稼げます。

次の3点理由です。一つ目は頭を使う必要がないから。二つ目は短時間で納品できるから。三つめは案件数が多いから。

※下線部が、並べ替えた部分です。

他社記事のコピペまとめ

他社記事のコピペまとめというのは、

  1. 競合サイトAの見出し1
  2. 競合サイトBの見出し2
  3. 競合サイトCの見出し3

を併せること。

これらをコピペして、1つの記事にまとめたとしても、リライトにはなりません。

リライトで稼ぐためのポイント

リライトで稼ぐためのポイントは、時給を意識すること。

0から記事を作成するわけではないため、手間は楽になります。しかし、リライト記事を作り込もうとすると、何時間でも時間をかけることができるのも事実。

10~20分くらいで、構成を再構成して、残り時間はとにかく書き続ける

こんなイメージで仕事を進めていくと、効率的にリライト案件で稼ぐことができます。

ちなみに、案件を取るときは、文字単価0.5円以上で取っていました。安いように思うかもしれませんが、タイピングスピードを鍛えて、1時間5,000文字打てるようにしていたので、それでも時給2,500円。(疲れた時は音声入力で一気に書く!)

リライトができれば未来が広がる

リライトのスキルをマスターすると、より幅広いジャンルの記事を書くことができるようになります。

私自身、もともとWebライターとして書けるジャンルは、脱毛・育毛くらいでした。

しかしリライト案件で、他のジャンルの知識を付けながら、稼いでいったことで、今では脱毛・育毛以外にも、格安SIM、ポケットWi-Fi、青汁・酵素ドリンクなどのジャンルでも受注できるようになっています。

また、こうやって、自分でブログを開設して記事を書いていくことも可能になっているのです。

Webライターとして稼ぐためにも、リライトスキルを身に付けて、幅広いジャンルの記事を書けるように、スキルアップしていきましょう。

ABOUT ME
Ryo
【複業家】会社員をしながら、web関連の事業を個人で行っています。SEOコンサル、Lステップ構築、ボイスパーカッション講師。