webライティング

WebライターでWordPressが使えて良かったこと5選

WebライターならWordPressが使えた方が良いの?

こんな疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 結論:WebライターはWordPressを使えた方が良い
  • WebライターでWordPressが使えて良かったこと5選
  • WordPressの練習ならブログが最適

この記事の信頼性

僕はwebライターとして月19万円ほど稼ぎました。

WordPressを使えたおかげで、文字単価3~4円で仕事を受注できたこともあります。

他にも、WordPressを使えることをアピールし、数え切れないほどの案件を獲得してきました。

僕がWebライターを始めて3ヶ月目で月10万円を突破できたのもWordPressを使えたことが要因だと思っています。

Webライターとして収入を高めたり、仕事の幅を広げたりしたい方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

結論:WebライターはWordPressを使えた方が良い

WebライターならWordPressを使えた方が良いです。

WordPressを使えた方が、稼ぎやすくなるから。

案件によっては

「WordPressを使える人限定」

といったものもあります。

なぜWordPressを使えると良いのか、

サイト運営者の負担を軽減するためです。

このブログもWordPressで書いているので気持ちが分かりますが、

記事を作成後、 WordPressでアップするのって結構大変なんです。

執筆した文章に、

・見出しを設定
・画像を入れる
・装飾する

といった作業は時間がかかるもの。

しかし、そこまで巻き取ってくれるライターがいたら楽ですよね。

WordPressを使えない人よりも優先して採用したくなります

ライターの仕事は文章を書くことだから、そこまでする必要はないんじゃないの?

確かにその通りです。
とはいえ、みんなそんなふうに考えがち。

なので、逆に有利なんです。

他の人ができないことができる

これこそ、ライターとしての付加価値をつけるポイントです。

あなたは、webライターとして

「もっと稼ぎたい!」
「より多くの案件を獲得したい!」

と考えていますか?

であれば、WordPressを使えるようにしておくべき。

「より多くの案件を獲得したい」

「ライターとしての市場価値をあげたい」

といった気持ちがあるなら、WordPressを使えるようになりましょう。

WebライターでWordPressが使えて良かったこと5選

僕がWebライターとして WordPressを使えて良かったことを5つご紹介します。

  • ①獲れる案件の幅が広くなった
  • ②自分のサイトで収益化できた
  • ③WordPressでサイトを開設する仕事も獲得できた
  • ④SEOのスキルがついた
  • ⑤Webの知識が増えた

①獲れる案件の幅が広くなった

先ほども書きましたが、僕自身、webライターとして稼ぐ上で、WordPressを使えたことが役立ちました。

WordPress入稿ができると、獲得できる案件の幅が広くなり、単価も高くなります。

クラウドワークスやランサーズを利用しなくても求人サイトなどから業務委託で案件を獲得でき、文字単価も2倍に跳ね上がりましたね。

②自分のサイトで収益化できた

僕はWebライターのかたわら、自分のWordPressブログも開設していました。

ライターとしてスキルをつけるごとに自分のサイトでもスキルを活かせたため、収益化をわりと楽に実現できました。

今では月に4〜5万円収益が発生することもあります。

そのため、ライターとして必要な労働時間の削減に繋がりました。

1記事にかけられる時間を増やせたため、高品質な記事を納品でき、ライター業務も楽しくなりましたね。

③WordPressでサイトを開設する仕事も獲得できた

僕は、

・WordPressブログを収益化するスキル
・WordPressブログで集客スキル

をつけたことで、サイト開設の依頼も来るようになりました

これは、ただ自分のブログを運用していただけでは無理だったと思います。

Webライターという職業で、

  • サイト設計
  • 記事の構成
  • 装飾の仕方

などなど、さまざまな勉強ができました。

Webライターとしての経験が生きて、

  • 企業としてWebサイトを作りたい
  • 個人としてブログを開設したい

といった人から相談が来るようになり、そういった仕事を獲得できることもメリットです。

1サイト5万円とかで受注できるようになったため、副業収入を伸ばしやすくなりましたね。

④SEOのスキルがついた

WordPress入稿のあるWebライティング案件に取り組むと、SEOのノウハウを獲得しやすくなります。

WordPress入稿がついているたいていの案件では、ライティングマニュアルにSEOのノウハウも書かれているからです。

正直、そのへんに売っている本やnoteよりも勉強になるものは多いです。

本って信頼性があるようですが、

webの世界では遅いんですよね。

本を書いて販売するまでには半年以上かかるケースがほとんど。

でも、SEOって半年、1年も経てばアップデートがかかって、古い知識は意味がなくなることも多々あります。

最新の情報を取り入れつつ、実践できるのはWebライターの特権です。

⑤Webの知識が増えた

WordPressを使えるようになると、Webの知識も増えます。

・サーバー
・ドメイン
・SEO

こういった知識が増えるため、IT業界に詳しくなります。

Webライターとしてすぐに生かせる知識ではありませんが、IT業界で生きる上で役立つスキルなので、持っておいて損はないです。

WordPress入稿がある場合の仕事の流れ

Webライティングの案件には WordPress入稿までの仕事もあります。

仕事の流れとしては、以下の通り。

  1. キーワードをもらう
  2. 構成案を練る
  3. 構成案をチェックしてもらう
  4. OKが出る
  5. 本文を書く
  6. チェックしてもらう
  7. OKが出る
  8. WordPressに入稿
  9. チェックしてもらう

WordPressの入稿がない場合は、本文を書いてチェックしてもらう段階までで仕事が終わります。

WordPressの練習ならブログが最適

WordPress未経験のWebライターがWordPressを使えるようになるためには、ブログで練習するのがおすすめです。

ブログは簡単に始められます。

Webライティング案件を獲得しやすくなるメリットもあります。

詳しくは「Webライターとブロガーの3つの違い【兼業が最高です】」に書いています。

また、ブログの始め方を知りたい方は、「WordPressブログの始め方【3ステップで解説】」で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

まずは、自分のブログを作ってWordPressに慣れましょう。

WordPressの操作に慣れたら、

「WordPress入稿あり」

と書かれた案件に応募してみるとよいですよ。

ABOUT ME
Ryo
【複業家】会社員をしながら、web関連の事業を個人で行っています。SEOコンサル、Lステップ構築、ボイスパーカッション講師。