webライティング

Webライターならブログを書くべき【労働収入からの解放】

ブログを書くライター

Webライターをしているけど、ブログを持っていた方が良いのかな?

そんな疑問にお答えします。

この記事の内容

  • Webライターがブログを持つメリット
  • Webライターがブログを持つデメリット
  • ブログで労働収入から脱出しよう

この記事の信頼性

僕はもともとWebライターをしていたものの、ブログで収益が立つようになってきたので、ライター業務をほとんどしなくなりました。

ちなみに先月は

  • ライティング報酬約40,000円
  • ブログ・サイトからの報酬18,700円
  • SEOコンサルティングで55,000円

と副業でも10万円以上の収益を出しています。

Webライターがブログを持つメリット

Webライターならブログを持つべきです。

理由は、以下でご紹介する3つのメリットがあるからです。

  • ①案件を獲得しやすくなる
  • ②収入を安定させやすくなる
  • ③市場価値を上げられる

以下で深掘りしていきます。

①案件を獲得しやすくなる

ブログを持つライターは案件を獲得しやすいです。

理由は3つ。

ブログが案件獲得に繋がる理由
  • ポートフォリオになる
    ブログをそのままポートフォリオとして応募時に送れる。
  • ワードプレスを使えるようになる
    ワードプレスを使ってサイトを運営している会社が多いため、サイトへの入稿作業まで巻き取れるライターは需要が高い。
  • クライアントからの信頼を獲得しやすい
    文章を書く習慣が付いている、スキルアップしたい欲があると思われ、信頼獲得につながる。

でも、ぶっちゃけ信頼を獲得できるのは文章が上手い人だけじゃないの?

僕も昔そう思っていましたが、、

実際にブログを運用したり、ライターのディレクションをしたりした経験からすると、ブログを持っているってだけでも価値です。

ブログ運営って面倒なことが多いので、面倒なことを通じてスキルアップしようとしている姿は発注側からすると高く評価できます。

案件獲得につながるため、ライターはブログ運営をした方が良いです。

②収入を安定させやすくなる

ライターがブログを持つと収入を安定させやすくなります。

収入源を分散できるからです。

  • ライターの収入
  • ブログの収入

2つの収入源があると、ライターの収入が止まっても安心できます。

ブログで収入を得るのはそんなに簡単ではないでしょ?

よく言われるものではありますが、ブログで稼げない理由を知り、正しく継続すればブログで稼げるようになります。

ブログとライティングの2つの収入源があれば、収入が安定しやすくなります。

③市場価値を上げられる

ブログを持ち、運用スキルを上げることで、あなたの市場価値を上げられます。

ブログ運用には、さまざまなスキルが必要だから。

  • Webマーケティング
  • ペルソナ設定
  • セールスライティング
  • キーワード選定
  • SEO対策

※「ペルソナ」という言葉が聞き慣れない方は、「【ライター必見】ペルソナ設定をWebライティングに活かすコツ」をご覧ください。

スキルがある人じゃないとブログを運用するのは難しいんじゃないの、、?

スキルがあるに越したことはありません。

とはいえ、ブログを始める人のほとんどが初心者。

ライターとして知識を付けつつ、ブログに活かせば良いです。

個人的な意見ですが、ライターの方がブログで有利になります。

クライアントからもらえるマニュアルでSEOの知識などを学びつつ、自分のブログに反映させれば良いからです。

ライティング業務を通じて得たスキルを、ブログに生かしていけば良いので、ブログだけやっている人よりコスパが高いです。

ブログの始め方については「WordPressブログの始め方【3ステップで解説】」でまとめています。

Webライターがブログを持つデメリット

Webライターがブログを持つと2つのデメリットが想定されます。

  • 時間がかかる
  • スキルがないと思われる

①時間がかかる

ブログを運営するには時間が必要です。

時間が必要な理由は、以下の3つ。

  • 記事を書く時間
  • 上位に上がるまでの時間
  • 収益が出るまでの時間

そんな時間確保できないよ。。

気持ちはわかるのですが、

「あなたは一生記事を書き続けたいですか?」

答えが「はい」なら、ブログをわざわざ書かなくても良いと思います。

しかし、「いいえ」であればブログを書くべきです。

Webライターの仕事は労働集約的です。
要は労働時間をかけないと、収入が得られません

しかしブログ収入に関しては資産性があります
ブログを書いていない時間でもブログから収益は発生する可能性があります。

あなたが働かなくても収入が得られる仕組みを作れるということです。

もちろん最初は時間がかかります。

しかし、半年、1年後に労働せずに収入を得られる仕組みが作れるなら、今、頑張っても良いのでは?と思います。

ブログは時間がかかりますが、長期的に見たら労働時間を減らすことに繋がります。
だから多少辛くても積み上げておくべき。

②スキルがないと思われることもある

ブログを公開していると、受注しようとしているクライアントに見られてスキルがないと思われる心配をする人もいるかもしれません。

あなたの文章を誰でも見れる状態になるからです。

クライアントによっては、クラウドワークス上の名前や、あなたの名前から運営サイトを探す場合もあります。

あなたが知らないうちに、あなたのサイトをクライアントに見られる可能性も出てくるのです。

自分が知らない間に自分の評価が下がるのは嫌だなぁ、、

僕もそんなリスクを感じたことがあるのですが、

よくよく考えてみると、

嫌なこと=ブログを見られて不採用が確定

ですよね。

とはいえ、どうせテストライティングで自分のスキル感はバレますよね。

だとすると、あなたはどちらが良いですか?

  • テストライティング→不採用
  • ブログ見られる→不採用

どちらにせよ不採用なら、

ブログを見られて不採用になった方が、テストライティングをする手間が省けるから良くないですか?笑

僕は上記の結論になり、普通にブログ運営を始めました。

どうせスキルはバレるので、どんどんブログで自分の文章を発信しちゃいましょう。

まとめ:書き続けるのが嫌ならブログを書いて労働収入から脱出しよう

ライティング業務を一生続けるのが嫌ならブログを書くべきです。

メリットが多く、将来的に労働収入から解放される見込みができるので。

ご存知の方もいるかもしれませんが、ライティングとブログでは収入の質が違います。

  • ライティング:1記事4,000円
  • ブログ:1記事0円〜100万円以上

ライティングでは1記事4,000円といった形で報酬が決まりますよね。

しかし、ブログではたった1記事で10万、100万と稼ぐことも可能です。

アクセスが集まれば、何もしなくても収益が生まれるようになります。

でも、いきなり1記事で10万円とか稼げるようにならないよね。

その通りです。

とはいえ、ライティング業務を続けていても、1記事で継続して稼ぐことはできません。

たった1記事10万円、100万円と、稼げるようになりたいなら、ブログを書いてみましょう。

どれだけ稼いでいるブロガーでも、その一歩から始まっています。

僕もまだ道すがらですが、一緒に頑張りましょう!

ABOUT ME
Ryo
【複業家】会社員をしながら、web関連の事業を個人で行っています。SEOコンサル、Lステップ構築、ボイスパーカッション講師。