webライティング

【収入アップに直結】初心者ライターのスキルアップ方法

独学でWebライターになるための必須のスキル

webライティングで1〜3万円くらいは稼げるようになってきた。でもなかなかライティングの収入が上がらない…。そこからスキルアップするためにはどうしたらいい?

そんな疑問にお答えします。

この記事の信頼性

この記事を書いている僕はWebライターとして2年半近く仕事をしています。以前はフリーランスライターとして月収約20万円稼いだ経験があります。現在はスキルアップのために会社員をしていますが、副業でもライティング報酬13万円/月を達成しています。

そもそもWebライターに必要なスキルとは

スキルアップといっても、そもそも必要なスキルが何かを理解していない人も多いのではないでしょうか。

Webライターに必要なスキルは以下の3つ。

  • 執筆スピード
  • 論理的思考力
  • ユーザー理解(読者理解)

あくまで個人的な意見になりますが、月10万円以上稼いだ経験のある私が思うに、この3つが特に重要なスキルです。

執筆スピード【稼げない人の特徴】

Webライターとして活躍するには執筆スピードが必要です。

執筆スピードが遅いと、一定時間内に書ける文字数が少なくなります。

  • 1時間で、1000文字書けるライター
  • 1時間で、5000文字書けるライター

どちらが稼げると思いますか?

物理的に後者の方が稼げますよね。

もちろん、文字単価(1文字あたりの単価)が高いライターを考慮すると、上記のように一概には言えません。文字単価10円とかであれば、1時間1000文字でも1万円ですからね。

しかし、この記事を読んでいる方はライター初心者の方が多いと思います。

同じ文字単価であれば、執筆スピードが早い方が稼ぎやすいことを念頭においておきましょう。

論理的思考力【基本中の基本】

論理的思考力はWebライターに必須の基本スキルです。

Webコンテンツは、不特定多数のユーザーが読みますよね。

読者によって認識が異なると伝えたいことが伝わりません。

「どんな読者であっても、あなたが伝えたいことが伝わる」

そのためには論理的思考力が必須です。

ユーザー(読者)理解【最重要】

Webライターにとって最重要なスキルは、ユーザー(読者)理解です。

「読者が誰であるか」を理解していないと、誰の役にも立たないコンテンツになります。

例えば、最新型のiPhoneの紹介をしたい場合、読者を以下の3つに分けてみましょう。

  • iPhoneユーザー
  • Androidユーザー
  • ガラケーユーザー

読者が誰であるかによって、最新のiPhoneを紹介するために必要なコンテンツは異なります。

  • iPhoneユーザーが読者なら、
    「新型のiPhoneが出ました!」
  • Androidユーザーが読者なら、
    「AndroidよりもiPhoneの方が優れているよ!」
  • ガラケーユーザーが読者なら、
    「ガラケーよりもiPhoneの方が優れているよ!」

簡単な例ではありますが、読者が誰かを理解していないと、書くべき文章が分からずにWebライターとして適切な仕事ができなくなります。

しかし、逆にいうと、「読者が誰であるか」が明確であれば書くべき内容に困ることは圧倒的に少なくなります。

Webライターとして活躍したいなら、読者を理解するスキルを高めていきましょう。

webライターのスキルアップ方法

復習です。Webライターに必要なスキルは以下の3つであるという話をしました。

  • 執筆スピード
  • 論理的思考力
  • ユーザー理解(読者理解)

でも、この3つのスキルを上げるにはどうしたらいいの…?

一つ一つ、具体的にスキルアップ方法を解説していきます。

執筆スピード【タイピング練習が最優先】

個人的にはWebライターならブラインドタッチくらいはできて当然だと思っています。

ブラインドタッチができた方が圧倒的に執筆スピードが早くなるからです。

こんな偉そうなことをいう私も以前はブラインドタッチができませんでした。

しかし、ブラインドタッチを練習したことで、こんなに早くなりました。

  • 以前:1,000文字/時間
  • 現在:4,000〜6,000文字/時間

これによってライター報酬も一気に上がりましたね。

初心者の頃の話ですが、月3,000円→月30,000円ライターに成長したのも執筆スピードの向上が大きなきっかけとなりました。

e-typing(イータイピング)」で1日30分の練習を1〜2ヶ月続けたら、タイピングスピードがめちゃくちゃ早くなりましたね。

コツは、ホームポジションを守り、打つべき指で文字を打つことです。自由に打っていたらブラインドタッチは身につきません。手のポジションを守ってタイピングの練習をしましょう。

少しの期間頑張れば一気に作業が楽になるので、最初は辛いかもしれませんが、頑張ってブラインドタッチを身につけてください。

論理的思考力【フレームワークを知ろう】

ライター初心者だとフレームワークについて知らない人も多いのではないでしょうか。

フレームワークとは、「枠組み」とか「型」みたいなものです。

例としては、以下の通り。

  • PREP法
  • AIDAの法則
  • PASONAの法則

他にもいろいろあるのですが、、気になる方は検索してみてください。

すぐに使えるフレームワークである「PREP法」についてご紹介します。

  • P(Point):結論
  • R(Reason):理由
  • E(Example):具体例
  • P(Point):もう一度結論

頭文字をとって「PREP」となっていますね。

まずはこういった型をもとにライティングしていくと論理的思考力が身についてきます。

ユーザー理解【日々訓練する】

ユーザー理解に関しては一長一短で身につくものではありません

普段のライティング業務で、この記事を読む人はどんな人?という問いを立てていくことが重要です。

もう少しわかりやすく分解すると、以下の通り。

  • 年齢は?
  • 性別は?
  • 仕事は?
  • 家族構成は?
  • 結婚している?
  • 年収は?
  • 自由に使えるお金は月いくら?

といったことを考えることから始めてみましょう。

webライターにとってスキルアップよりも大切なこと

正直、スキルだけでは稼げるライターにはなれません。

あくまで対人の仕事だからです。

  • スキルはあるが、返信が3日後に来るライター
  • スキルは普通だけど、返信が1時間以内に来るライター

あなたはどちらのライターと仕事がしたいですか?

このようにライティングスキル以前に、ライターとして、あなたが稼げる人になるために大切にしてほしいことがあります。

  • コミュニケーションをこまめに取る
  • 納期を守る
  • 強みを作る

コミュニケーションをこまめに取る

ライターに限らず、クライアントとのコミュニケーションをこまめに取ることが大切です。

コミュニケーションをしっかり取ることで信頼獲得につながるからです。

  • 返信が10時間以上来ない人
  • いつでも返信が3時間以内に来る人

後者の方が信頼できますよね。というか安心感がありますよね。

もちろん、いつも3時間以内に連絡することが物理的に難しい人もいるでしょう。

その場合は事前に「今日は19時以降しか連絡取れません。」と伝えておくとクライアントも安心です。

納期を守る

納期は必ず守りましょう。

納期を守らないと信頼を失います。

  • 納期前日に記事を納品してくれる人
  • 納期2日後にいつも納品してくる人

どちらが信頼できますか?

クライアントからすると、納期が遅い人は仕事を放棄しかねません。

「仕事を放棄されるのではないか」というリスクを相手に感じさせると、一気に信頼を失います。

あなたにとっても貴重な仕事を失う原因にもなりかねません。

何がなんでも納期を守る。

これが人気ライターになるための秘訣です。

強みを作る

強みを作ることはスキルアップと重なる部分もあるのですが、、

強みを作るとライターとしての収入アップに繋がります。

「強みがある」 = 「希少性が高い」

強みの例としては、以下のようなものがあります。

  • SEOに詳しい
  • 特定のジャンルに詳しい
  • セールスライティングができる

こういった付加価値があると、ライターとして重宝されます。

クライアント側から考えて、「このライターに代替できる人はなかなかいないな。」と感じてもらえますよね。

すると、「少し高いコストをかけてでも、このライターに継続してお願いしたい」と思ってもらえるのです。

結果的に、単価交渉をしても快く受け入れてもらうことができます。

長期的に見ると収入につながるので、普段からスキルアップのためのインプット・行動を怠らなようにしましょう。

まとめ:Webライターなら収入に繋がるスキルアップを意識しよう

「スキルアップのために、何をしたら良いのか」

この問いを考えるときは、収入に繋がるかどうかを意識しましょう。

本記事でご紹介した内容がどのように収入アップに繋がるのか、まとめます。

  • 執筆スピードの向上
    一定時間内に書ける文字量が増えるため、時給が上がる、より多くの案件を受けられるようになる。
  • 論理的思考力、ユーザー理解
    テストライティングで合格する確率が高まる。無駄な文章を書くことが減るため徐々に1記事を完成させるスピードが早くなる

どのように収入アップに繋がるのかが明確であれば、スキルアップのしがいが出てきますよね。

どれも一朝一夕でスキルアップできるものではありません。

しかし長期的に見ると、短時間で高収入を狙えるようになります。

ネットで稼ぐためにも大切なスキルなので、日々積み重ねてみてください。

ABOUT ME
アバター
Ryo
【複業家】会社員をしながら、web関連の事業を個人で行っています。SEOコンサル、Lステップ構築、ボイスパーカッション講師。