Uncategorized

ボイパで心地よいスネアを出すコツ|吸うスネアや連打のやり方も解説

ボイスパーカッションの基本的な音の一つであるスネアドラム。

基本的には、2拍目、4拍目に打つことで、リズムを生み出すことができます。

ボイスパーカッションのスネアドラムは、さまざまな種類があります。

ボイパのスネアの種類

  • プスッ(無声)
  • ペッ(無声)
  • ペッと吸う(無声)
  • トゥフッと吐く(有声)
  • タっと吸う(無声)

具体的な出し方を解説していきます。

ボイパのスネアの出し方【無声】

無声でのスネアの出し方を解説します。

無声のスネアは、4種類あります。

ボイパのスネアの出し方①プスッ(無声)

プスッ、ブスッといったように、唇を弾く出し方です。

無声の基本であるスタンバイ、息をとめてからこの音を出すように意識して下さい。

ボイパのスネアの出し方②ペッ(無声)

唇の外側同士を弾かせて、ペッと発音します。

こちらもスタンバイの状態から勢いをつけて、発します。

ボイパのスネアの出し方③ペッと吸う(無声)

高い音のスネアを出したいときは、こちらの出し方を活用しましょう。

ペッと吸って発音するのですが、始めはなかなか難しいかもしれません。

ただ、この音をマスターすると、ボイパの幅がめちゃくちゃひろがります。

ボイパのスネアの出し方④タっと吸う(無声)

この出し方は、本物のスネアドラムに近い音を出したいときに使えます。

特に、ジャズ系の音楽でボイスパーカッションをに担うときに役立ちます。

ボイパのスネアの出し方【有声】

ボイパのスネアの出し方⑤トゥフッと吐く(有声)

有声のスネアの基本的な出し方です。

トゥフっという発音をすることで、音を出すことができます。

自分の声の高さを変えることによって、雰囲気を変えられます。

曲によって、低い音のスネアが合う場合と、高い音のスネアが合う場合があるため、自分なりに使い分けていくと良いでしょう。

スネアの連打

スネアの音を連打するのであれば、有声で出すことがポイントです。

ドラムロールのようなイメージですね。

有声の口でドゥるるるると巻き舌で発音します。

動画紹介

有声のスネアを使っているので、ぜひ参考にしてみてください。

宿命/Official髭男dism

マリーゴールド/あいみょん