ruby

【たった1分!】railsでbootstrapを導入する方法!

railsでbootstrapを導入する方法!

cloud9上で、ruby on railsのフレームワークを用いて開発をしているときに、bootstrapを導入するシーンがあると思います。

ただ、導入方法を検索しても、いまいち分からないこともあるかもしれません。

ここで、1分でできる導入方法をご紹介していきます。

railsでbootstrapを導入する方法

①gemファイルを開く

gemファイルの一番下の部分に、以下のコードをコピペします。コピペしたらctrl + Sで保存。

gem ‘therubyracer’
gem ‘less-rails’, git: ‘https://github.com/MustafaZain/less-rails’
gem ‘twitter-bootstrap-rails’
gem ‘sprockets’
gem ‘execjs’

②ターミナルに移動する

ターミナル上で以下のコードを順番に実行します。

bundle update

→実行

rails g bootstrap:install

→実行

この順番で、コードを打って実行しましょう。

これで完了!

たったこれだけの作業で、cloud9上で、bootstrapを使用していくことができるようになります。

bootstrapは、デザインが苦手な方でも、簡単におしゃれなコーディングができるようになる便利なサービスです。

ぜひ、上記の導入方法を参考にして、プログラミングを楽しんでいただければと思います!

bootstrapを使用して私が作成したポートフォリオサイトも参考にしてみると良いと思います。「Ruby on railsでポートフォリオサイト「ハモ街」を開発しました!【学習開始から約4ヵ月】」の記事で詳しく解説しています。

ABOUT ME
アバター
Ryo
【複業家】会社員をしながら、web関連の事業を個人で行っています。SEOコンサル、Lステップ構築、ボイスパーカッション講師。