webライティング

直帰率を激減!Webライティングの書き出し必勝5パターン

直帰率を激減!Webライティングの書き出し必勝5パターン

文章で最も大切といっても過言ではない書き出し。

ブログ、Webライティング初心者でもすぐに活用できる書き出し必勝5パターンをご紹介します。

今回の記事を読むことで、魅力的な書き出しを考えることが容易になると思います。Webライティングを始めたばかりの方だけではなく、Webライティングの仕事をしている方にも参考になる内容に仕上げているため、参考にしてみてください。

Webライティングの書き出し必勝5パターン

最初に結論から書いていきます。

書き出し必勝5パターンは以下の通り。

  • ○○な方へ(ターゲットユーザーへの呼びかけ)
  • ○○なことはありませんか?(共感)
  • 体言止めでインパクトとリズムを生み出す
  • 明言を引用する
  • 自己紹介で始める「こんにちは、○○です」

上記5パターンを覚えておくだけでも、Webライティングの仕事が、それまで以上にはかどるようになります。

5パターンそれぞれの使い方について、分かりやすく解説していきます。

○○な方へ(ターゲットユーザーへの呼びかけ)

○○な方へ

とターゲットに直接呼びかけることで、ユーザーが、その記事が自分に向けた記事だと認識することができます。

読者が気になるのは、自分が欲している情報がその記事内に書かれているのかどうかです。○○な方へという表記で自分に向けて書かれた記事だと認識することができれば、直帰せずに読み進めることができます。

Webライティングで記事の書き出しにお悩みの方へ

書き出しのバリエーションを増やしたい方へ

といったように、ターゲットに呼びかけることで、その先の内容が気になるものです。簡単に実践できる書き出しなので、まずは使ってみてください。

○○なことはありませんか?(共感)

共感から書き出す書き方もあります。

Webライティングの書き出しで手が止まったことはありませんか?

魅力的な書き出しのパターンの引き出しを増やしたいと考えていませんか?

「Webライティングは書き出しが全て」だと聞いたことがありませんか?

このように、疑問形でユーザーが共感してくれるような書き出しで文章を始めてみることもおすすめ。

ユーザーは、その文章を読んだときに「うんうん」と共感することができ、自分はこの記事を読んで間違いないということが分かります。

離脱を防ぐために効果的な書き出しです。ライティング経験がにない方でも使いやすい書き出しパターンなので、現場で使用してみてください。

体言止めでインパクトとリズムを生み出す

今回の記事で実践しているこちらのパターン。

文章で最も大切といっても過言ではない書き出し。

Webライティングで始めに止まってしまう部分は書き出し。

文章を書くときに特に悩みがちな書き出し部分。

このように、体言止めで文章を始めることで、インパクトを生むことができます。文章にリズムが生まれやすく、読みやすい文章だと思ってもらえる可能性が高くなるため、どのような記事にも応用を効かせやすい書き出しです。

明言を引用する

「書き出しさえ決まれば、小説は8割できたも同然」

このように明言のような文章でインパクトのある書き出しを書くこともできます。

明言を書くことで、ユーザーの知っている知識と結びつけやすくなります。

また、名言なので人の心を掴みやすく、初心者だろうと、玄人だろうと同じように活用できるテクニック。

書き始めに困った時には、名言を利用することで他のライターとも大差なく記事を書くことができます。ただ、Webライティングの需要や仕事が増えてきているため、名言を利用して書き出してみることもおすすめします。

自己紹介で始める「こんにちは、○○です」

自己紹介で書き出しているブロガーを見かけた軽減がある人も多いのではないでしょうか。

こんにちは、まなぶです。※manablog

はじめまして、○○です。

どうも、○○です。

このように、自己紹介で記事を書き出すこともポイントになります。

ブロガーやライターは、こちらの書き出しで始める人も多いもの。自分のブランディングを高めていきたいという方や、自分の認知度を上げたいという方は、名前を売るためにもおすすめです。

書き出しが変われば記事の質が大幅に変わる

書き出しというのは、その記事の第一印象のようなもの。

  1. その記事が読者にとって価値があるものなのか
  2. 魅力的な内容になっていそうなのか
  3. 読みやすい文章なのかどうか

といったことが、一瞬で分かります。

人の印象は3秒で決まるといわれるように、その記事の印象も3秒で決まります

その3秒で読まれる可能性が特に高い書き出しに注意して記事を書く癖をつけるようにしましょう。

ABOUT ME
アバター
Ryo
【複業家】会社員をしながら、web関連の事業を個人で行っています。SEOコンサル、Lステップ構築、ボイスパーカッション講師。