Voice Percussion

ボイパの高音!切れ味最高のハイハットを出すコツ

ボイパの高音!切れ味最高のハイハットを出すコツ

ボイスパーカッションで、ビートを刻むときに必須となるのが「ハイハット」。

キレイなキレのあるハイハットをマスターすることで、かっこいいリズムを作り出すことができるようになります。

具体的なハイハットのやり方を解説していきます。

お知らせ

【完全無料】LINEで学べる
ビートボックススクール
「Beat Studio」開校!

LINE友だち追加特典は下記の通り!

★5分でマスター!スクラッチ講座
★初心者向け!即興ビート例
★挫折しない!ビートボックス上達の3つのポイント

LINEなら質問し放題です!

無料特典を受け取る!

ボイパのハイハットのやり方

ハイハットのやり方は、簡単です。

息をとめて「ツッ」とか「チッ」と発音するだけです。

ただ、これをかっこよくやろうとすると難しいんですよね。

ボイパでハイハットをキレイに出すコツ

では、どのようにしてかっこよくキレのある音にしたらよいのかを解説していきます。

ポイントは、とにかく高い音を出して、音を短く切ることです。

これによって、ビートの中でもかっこよく鳴らすことができるようになります。

ボイパのハイハットを連続で出す方法

ハイハットを連続で出したいパターンもあります。

その時は「ツクツクツクツク」と出すのですが、感覚としては「スクスクスクスク」とイメージして出すようにしましょう。

このイメージで音を出す方が、スムーズに音を奏でられる上に、強弱もつけやすくなります。

動画紹介

高めのハイハットを活用して、演奏していますので、ぜひ聞いてみてください!

宿命/Official髭男dism

マリーゴールド/あいみょん

ABOUT ME
アバター
Ryo
【複業家】会社員をしながら、web関連の事業を個人で行っています。SEOコンサル、Lステップ構築、ボイスパーカッション講師。