Voice Percussion

【初心者向け】クラブスクラッチのやり方

クラブスクラッチのやり方

クラブスクラッチのやり方が分からない。綺麗な音が出ないんだけど、どうしたら良いのかな?

そんな疑問にお答えします。

この記事の内容

  • クラブスクラッチのやり方
  • クラブスクラッチの綺麗な音の出し方
  • クラブスクラッチの練習方法
  • クラブスクラッチをビートに混ぜた例

この記事の信頼性

この記事を書いている僕はボイスパーカッション・ビートボックス歴10年以上。

中学1年生の時にビートボックスを始め、中学3年生の時にはクラブスクラッチをマスターしていました。

クラブスクラッチ自体は1〜2週間くらいでマスターした覚えがあります。
(昔の記憶なので定かではありませんが、、)

とはいえ、友人やアカペラサークル時代の後輩にクラブスクラッチを教えた経験もあり、早いと1〜2日、遅くても1週間くらいでみんな音が出せるようになっていました。

そんな僕がクラブスクラッチのやり方や、練習方法をご紹介します。

記事の後半ではビートに混ぜた例も音声で用意したので、ぜひ参考にしてみてください。

お知らせ

【完全無料】LINEで学べる
ビートボックススクール
「Beat Studio」開校!

LINE友だち追加特典は下記の通り!

★5分でマスター!スクラッチ講座
★初心者向け!即興ビート例
★挫折しない!ビートボックス上達の3つのポイント

LINEなら質問し放題です!

無料特典を受け取る!

クラブスクラッチのやり方

クラブスクラッチのやり方はシンプルです。

  • 親指と人差し指を交差させる
  • その親指と人差し指が交差したところを吸う

たったこれだけでクラブスクラッチの音が出せます。

ただ、綺麗な音を出したり、ビートに混ぜたりするのが、なかなか難しいんですよね。

段階としては、

  1. 綺麗な音を出せるようにする
  2. スクラッチ感を出せるようにする
  3. ビートに混ぜる

という順番を踏むこと。

ここでは綺麗な音を出すために、絶対やって欲しいコツをご紹介します。

クラブスクラッチで綺麗な音を出すコツ

クラブスクラッチで綺麗な音を出すためには、「90度の法則」を守ることが大事。

「90度の法則」とは、2回90度を作ることです。

何のことを言っているのか、意味不明ですよね。

画像を使って解説します。

まずは下の画像のように手を真っ直ぐにします。

次は、人差し指、中指、薬指、小指の4本を曲げます。

曲げた4本の指が下の画像のように90度になるようにすることがポイント。

曲げた指に対して親指を添えて、下の画像のように、また90度を作ります。

この手の形が作れれば、クラブスクラッチは習得したようなもの。

あとはここ(下の画像の点のところ)を吸うだけ。

吸う時のポイント

練習していると、手の形が崩れてくるもの。初心者のうちは上記の手の形に慣れずにすぐに90度の形が崩れます。まずは手の形をしっかり作る、その次に吸って音を出す、という順番を守りましょう。

ちなみに、上記の手の形を作って、音を出すとこんな感じ。

「トゥー」と舌を使って吸うとメリハリのある音が出やすくなります。

クラブスクラッチの練習方法

クラブスクラッチの練習方法は、

  1. 綺麗な音を出せるようにする
  2. スクラッチ感を出せるようにする
  3. ビートに混ぜる

綺麗な音を出すには前項で解説した通り、手の形をしっかり作って吸うこと。

次は、スクラッチ感を出せるように練習することが必要です。

スクラッチ感とは、あのレコードをこする感じの音。

音声にすると、こんな感じです。

コツは「トゥイトゥイ」と発音しながら吸うこと。

ここでもこちらの手の形はしっかり作るようにしましょう。

手の形が崩れると、綺麗な音が出づらくなります。

この手の形を守りつつ、「トゥイトゥイ」と発音して吸う。

これを徹底的に練習しましょう。

クラブスクラッチをビートに混ぜた例

「トゥイトゥイ」と音を出せるようになってきたら、ビートに混ぜる練習もしていきます。

練習用の音源を用意しました。

使う音は3種類。

  • バスドラム
  • スネアドラム
  • クラブスクラッチ

音源はこちらです。

まずはゆっくり、この通り音を出せるようにしましょう。

「ボ・トゥイ・ペ・ボ・トゥイ・ボ・ペ・トゥイ」

「ボ・トゥイ・ペ・ボ・トゥイ・ボ・ペ・トゥイ」

と2回同じフレーズを繰り返しています。

※各カタカナが示している音
「ボ」:バスドラム
「ぺ」:スネアドラム
「トゥイ」:スクラッチ

これで練習してみてください。

上記のビートが刻めるようになったら、自分でもいろんなビートを作ってみてくださいね。

クラブスクラッチのやり方【まとめ】

最後に、クラブスクラッチのやり方をまとめます。

  1. 綺麗な音を出せるようにする【手の形が最重要】
  2. スクラッチ感を出せるようにする【トゥイトゥイ】
  3. ビートに混ぜる【音源の真似から】

繰り返しますが、初心者のうちは手の形が最重要です。

徹底的に手の形を練習することから始めましょう。

手の形を確認しつつ、「トゥイトゥイ」とスクラッチ感を出せるように練習し、その後、ビートに混ぜる練習へと移ります。

クラブスクラッチができるようになるだけでも、友達からすごい人と思ってもらえます。

しっかりと綺麗な音が出せるように練習してみてくださいね!

ABOUT ME
アバター
Ryo
【複業家】会社員をしながら、web関連の事業を個人で行っています。SEOコンサル、Lステップ構築、ボイスパーカッション講師。